カウンタ

来校者数955254

ご覧になっているみなさん

オンラインユーザー26人
ログインユーザー0人

MENU

校長室より学校紹介学びの部屋PTAの部屋学校行事カレンダーArchives資料庫
東根中部小学校の今2019東根中部小学校の今2018東根中部小学校の今2017東根中部小学校の今2016東根中部小学校の今2015
Smartphoneでの閲覧方法緊急連絡メールシステム緊急・行事可否判断Blog

季節感を大切に!24節気


 

サイト内Search

カテゴリにJUMP


平成31年度
令和元年度



山形新聞に掲載された
麩を使った料理のレシピは
こちらです


平成30年度






 

本校のSymbol

Anne Rose 

クリックしてください。
 

行事可否判断ブログ


東根中部小緊急・行事可否判断ブ
ログ
に,接続します。夏季休業中
のプール開放,秋季大運動会,マ
ラソン記録会,マーチング・バン
ドとバトン&ガードの行事などの
「可否判断」や,必要に応じて,
「緊急連絡」も伝えます。
ご自分
でアクセスしてご覧ください。 
平成28年4月1日から運用開始
です。下記のアドレスを,直接
入力してもアクセスできます。 
http://higashinechubuevent.blogspot.jp
ご覧になりたい方はこちら。
 
 

TopPagQRコード




カメラで読み取れます。
QRコードは
デンソーウェーブの登録商標です。

 
 

東根市内小中学校リンク集

 ご覧になりたい学校や公共機関名,施設名を,クリックしてください。

絵文字:虫眼鏡 東根市内小学校











絵文字:虫眼鏡 東根市内中学校







絵文字:虫眼鏡 中高一貫校



絵文字:虫眼鏡 公共機関・施設など







絵文字:虫眼鏡 文部科学省
新学習指導要領ウェブサイト


絵文字:虫眼鏡 学校に関係する法令

 

Date & Time

 

天気予報

 

 

Higashine-chubu Now FEBRUARY 2019

暦の上ではもう春[根記事一覧]

情報教育担当2019/02/27 20:11:47


  今年度の委員長が,成果と課題を,新年度委員長が抱負を述べました。


 校長先生から,今年度の6年生の活動に対してお誉めの言葉をいただきました。さらに,学校のために自分の「役割を果たす」ということを念頭に置いて,中部小学校をさらに良くしてくださいと激励の言葉をいただきました。


 6年生のみなさん,1年間たいへんありがとうございました。

情報教育担当2019/02/25 17:10:56


 土日の天気で,グラウンドの雪がすっかり解け,子ども達は大喜び。


 4年生は,サッカーやドッジボールを楽しんでいました。


 積雪が少なかったこともあり,雪解けがとても早まったようです。


 春もはやく訪れるのかなあ?

情報教育担当2019/02/25 17:01:13


 22日に,6年生が,先生方への感謝の会を開いてくれました。


 先生方が入場した後,一人一人にお礼の言葉を述べて,先生方が担当した児童委員会に所属する6年生全員のメーセージが書かれた色紙と,手作りのティッシュペーパーカバーをプレゼントしてくれました。

 
 さらに,歌「街は光の中に」をプレゼントしてくれました。


 「ちょっとまったあ!」退場を前に,前担任の佐藤先生が音頭を取って,先生方全員から6年生に向かってお返し「エール」をプレゼントしました。さらに,「立つ鳥跡を濁さず〔立ち去る者は見苦しくないよう,きれいに始末をしていくべきという戒め。 また,引き際は美しくあるべきだということ。〕の諺にあるように,やるべきことや,やり残したことをきちんと行って卒業して欲しい。」という激励の言葉もいただきました。

 
 6年生のみなさん,たいへんありがとうございました。

情報教育担当2019/02/22 16:05:43


 保健師,看護師でもあり,公益社団法人誕生学協会誕生学アドバイザーの わだゆきこ さんを講師にお迎えして,2年生が誕生学「いのちの学習」を行いました。誕生学とは,「生まれてきたことがうれしくなると未来が楽しくなる」をコンセプトに,「誕生」を通して子どもに「自分自身の生まれてくる力」を伝え,生まれる力を再認識することで,自尊感情を育むことを目的とした学習です。


 いのちを守ることは,自分の存在に意義を感じて,自分を大切にすることであると教えていただきました。たいへんありがとうございました。

情報教育担当2019/02/20 13:38:33


 6年生を送る会「さよならフェスタ」を行いました。企画進行は,5年生の実行委員です。
 

 「ありがとう」の曲に合わせ,1年生が6年生の手を引いて入場です。


ステージ前のひな壇に整列です。


 ゼスチャーゲームとジャンケンゲームを行いました。


 答えを見た5年生がゼスチャーで4年に伝え,3年➡2年➡1年とゼスチャーをつなぎ,最後に6年生がそのゼスチャーを見て何かを答えるゲームです。


 ジャンケン列車はたてわりなかよし班が1列になり,曲が止まったら,近くの先頭同士がジャンケンをし,勝った班の後ろに,負けた班がつながります。


決勝のジャンケンです。


 6年生とのふれあいタイムです。たてわりなかよし班の下級生が作った,写真入りの色紙をプレゼントしました。


 5年生が6年生の良いところ,見習わなければならないよい伝統を劇にして紹介しました。


 お礼に6年生が,呼びかけと,歌「街は光の中に」を披露しました。


 校長先生からは,とても感動的な,6年生の良いところをたくさん引き出してくれた心に残る「さよならフェスタ」であったと,お誉めの言葉をいただきました。


 6年生の退場です。


 たくさんの保護者の皆様に参観いただきまして,たいへんありがとうございました。卒業式まで登校日が今日を含め19日になりました。

情報教育担当2019/02/19 16:57:35


 インフルエンザ感染拡大防止で中止になっていた,「たてわりなかよし班そうじ」が,今週から再開されました。


 6年生の班長にとっては,最後の掃除場所になります。そうじの良いやり方を下級生にしっかり残して欲しいですね。

情報教育担当2019/02/15 17:08:28


 平成30年度最後の授業参観です。


6年生は,お家の方への感謝の会を行いました。


 5年生は,村山警察署生活安全課上席少年補導専門官,太田麻衣子さんを講師にお招きして,親子ネットモラル教室を行いました。


4年生は,2分の1成人式を行いました。


 子ども達の大きな成長をご覧いただけたことと思います。ご参観,たいへんありがとうございました。

情報教育担当2019/02/13 17:26:59


 北村山読書感想画コンクール,北村山小中高書道展で優秀な成績を収めたお友達が表彰されました。


 校長先生のお話は「言葉」についてでした。最初に言葉を大事につかうことは「心をつなぐこと」であると教えてくださいました。



 さらに,小泉吉宏さんの詩「一秒の言葉」を引用なさって,短い,たった一秒で言える言葉「はじめまして」「ありがとう」「がんばって」「おめでとう」「ごめんなさい」「さようなら」などにも,心をつなぎ,生きる力を授けてくれるはたらきがあるということを,詩を解説なさりながら教えてくださいました。


 ことばの遣い方は相手の心を考えること。日本人の世界に誇れる美徳の一つとして,身に付けていきたいですね。

情報教育担当2019/02/12 16:38:21


 ふりこが1往復する時間は,どんな条件によって決まるのか。「おもりの重さ」「ふれ幅〔角度〕」「ふりこの長さ〔支点からおもりの中心まで〕」の3つの条件を変えて,1往復の時間を測定しています。iPadのストップウォッチ機能を使い,ふりこが安定してからふりこの動きに合わせて10往復測定し,1往復する時間を100分の1秒切り捨てて求め,3回測定して平均を取ります。


ふりこの長さやふれ幅はその都度測定し,正確に実験を進めます。


 ふりこには等時性という「法則」が隠されています。しかし,言葉だけの理解に終わらず,実験データから「導き出す」ことに意義があります。測定が正しければ,どの班のデータも等しくなるはずですね。

情報教育担当2019/02/08 16:29:41


 たてわりなかよし班の1年生〜5年生までのお友達が,班長のために書いたメーセージカードを色紙に貼り付け,色を塗ったり飾りを付けたりしました。


 卒業式まであと25日です。6年生のみなさんは,2度とやってこない時間を味わっているということを肝に銘じて欲しいです。そして,在校生の思いを汲み,卒業生にふさわしい態度で残りの日々を最後まで学び,学力を高め,心を整えて,堂々と卒業して欲しいですね。

情報教育担当2019/02/07 14:11:21

 
 公益財団法人山形県産業技術振興機構の,島田新一先生,斎藤学先生を講師にお迎えして,6年生が,山形県で発明され,特に力を入れて振興に取り組んでいる,有機ELのことについて学びました。「電気のはたらき」の発展学習です。最初に,有機ELとは何なのか,そのしくみや作られ方を学びました。3つの電球を比べてみました。白熱電球や蛍光灯とLEDを比べると,LEDは発熱や消費電力が少ないということが分かります。



 有機ELは,電流を通すといろいろな色に発光する石油から作った有機物を電極ではさんで作られます。紫外線をまったく出さず,ものを退色させる心配が無いので博物館や美術館のディスプレイ,熱を出さないので生鮮食品を照らす照明などに用いられ,県内では百カ所以上の施設で使われています。東根市役所正面ロビーにも展示されています。他の照明とのちがいを学びました。


他の明かりとの比較〔山形県発行の「有機ELといえば山形」のパンフレットより抜粋〕
フレキシブルとは,パネルを曲面にできるなど,形の柔軟性のことです。

 有機EL照明本体や有機ELを使った照明装置を観察したり,手回し式発電機や充電池で有機ELパネルを点灯する実験に取り組み,LEDや豆電球との光り方のちがいを学びました。


電流を流す場所を変えることによって,文字を作ることができる原理を実験しました。



の3色の有機ELパネルを重ねて,他の色や白色ができる仕組みを学びました。


 乾電池を使用した携帯型有機ELです。懐中電灯のようにまぶしくないので,患者さんを起こすということがないそうで,形はちがいますが,病院内での看護師さんの夜間巡回に使用されているとのことでした。


有機ELパネルには,曲げることもできる柔軟性〔フレキシビリティー〕があります。



 より正しく自然と同じ色を出せることで,女性のみなさんが使うドレッサーにも使用されているそうです。LEDとの比較で見える色域が広いことがはっきりと分かりました。道の駅「米沢」には,有機EL照明を使用した女性用パウダールームが整備されています。


 薄く,軽いパネル,太陽光に近い優しく均一な光に見とれながら,子ども達は夢中で有機ELパネルを使った実験や観察に取り組むことができました。島田先生,斎藤先生,お忙しい中たいへんありがとうございました。

情報教育担当2019/02/06 17:05:09


 インフルエンザ感染拡大予防のため,延期になっていた全校なわとび大会を本日行いました。子ども達の活躍をごらんください。


 今日の結果です。すばらしい成績を,学級の団結力ととらえたいです。おめでとうございます。

 主催した体育委員会のみなさん,たいへんありがとうございました。

情報教育担当2019/02/01 16:40:30


 東根第一中学校区内,英語交流授業を行いました。教えてくださった先生は,東根第一中学校で英語を担当なさっている,荒井誠先生,髙橋昭弘先生,伊藤源先生の3人です。


 子ども達は,小学校よりも,発音やアルファベットの綴り方〔単語の書き方〕を重視したテンポの速い授業に,一生懸命に取り組みながら,中学校で英語を学ぶ楽しさに期待を膨らませていました。3人の先生方,たいへんありがとうございました。

 「どうして英語を学ばなくてはいけないの?」「英語を学ぶ目的は何なの?」だれもが抱く疑問です。中学校の先生からいただいたプリントにこんなことが記してありました。〔一部抜粋させていただきます。〕


6年生のみなさんはしっかり読んで欲しいですね。